平成31年埼玉西部消防局出初め式

所沢

平成31年埼玉西部消防局出初め式

消防出初め式というものをご存じでしょうか?

全国の消防署が一月の初旬にやっているもので、私の地域の埼玉西部は毎年1月7日に航空公園で行っています。

出初め式の起源は万治2年1659年上野東照宮で消防士が技や催し物をして式を高めたことに由来しています。その年は当時江戸の大火事で復興の最中であったことから、市民や消防関係者の大きな希望になったそうです。

と、真面目な話はここまで

消防士のイケメンが見たい!それだけだ!!!

式典の部

10時に式典の部が始まりました。

制服や腕章をしている消防士さんは本当にかっこいいです。

埼玉西部地区の範囲は所沢・狭山・入間・日高・飯能を管轄しています。

職員数は873人

全員が集まっているわけではありませんが消防士さんがいっぱいいるとちょっと圧巻です。

歪みねえ良い男達です。

式典には、国会議員や市長なんかも参加していて、所沢地区選出芝山大臣もSP8人つれてきてました。

SPさんも歪みない良い男でした。

芝山さんも頑張ってください!応援してます。

訓練の部

10時30分から消防楽隊に合わせて徒列分列行進です。

消防士さんと消防隊の皆さんが行進します。消防団ってゆうのは、一般市民の方が所属し、30人くらいの人数で活動する組織だそうです。

どういう活動をしているかまではよくわからなかったのですが、消防士さんの制服を着てあるいている姿は、あまり遜色なく、かっこよかったので、ちょっと興味が出ました(浅はかな動機)

10時45分救助基本訓練

救助基礎訓練を見せてもらえます。声に会わせたキビキビした動き!圧巻です。

うほっ良い男!

演目だけでなく、出初め式では救急車に乗れたり、消防士の服装で写真撮れたりします。

ちゃんと大人サイズであるところにロマンを感じます。

大きな消防車とかも身近で見ることができますし、けっこう話しかけると説明してくれます。消防士さんは皆さんにこにこしてて、すごくかっこいいなって思いました。

車両分列行進

ポンプ車やはしご車などがパレードをします。放送で説明をしてくれるので、分かりやすかったです。

全体で10時から12時まで2時間以上寒い冬空で立って見ているのですが、飽きさせることなく、本当に見てる人にも分かりやすいように展開していくので、

下手な舞台より面白い

和太鼓演奏および放水演技

所沢市内に活動している和太鼓集団「龍鼓」と放水演技のコラボです。

水が龍のように空に舞う様は、きれいなのと太鼓の音ですごく強い世界観を感じました。

特別演技

こども園の子供達が太鼓を叩いてくれました。けっこうしっかり叩いていてビックリしました。

消防活動訓練

現場を想定して、対策本部が作られたり、危険地域の線が張られたり、

まるで本当の火災現場のような臨場感でした。

皆さん本気でやってるから鳥肌が立つくらいの士気があって、本当に一度見てほしい

ヘリコプターからの降下作戦は近場で見ると本当にすごいです。

ちょっと泣きそうになりました

一斉放水訓練

空高くすべての放水車から水が放たれます。すごくキラキラしてきれいで

寒そう

冬の寒いなかで見ているので、本当に消防士さんの忍耐力とか、熱意とかに支えられて自分の生活が成り立っているんだなって感じました。

消防出初め式をみて

ずっと行きたいと思っていたんですが、やっと行けて満足です。消防出初め式は本当に見ごたえがあって、2時間ぶっ通しでしたが飽きることもなく見れました。

ぜひ皆さんにもいってもらいたい

毎年1月の初旬に開催されているので、調べていってみてくださいね。

サンプル

コメント